行事案内

鎮釜祭・湯の舞

鎮釜祭・湯の舞

18:00~/広場入口

湯の舞(ゆのまい)は男鹿地方独特の祓い神楽を奉納します。鎮釜祭(ちんかまさい)は古い伝統的な湯立て神事で、大釜に湯を沸かし神官が呪文を唱えながら、わらボウキで湯をかき回します。この湯立てには海の波や荒れを鎮めるという信仰があります。

なまはげ入魂

なまはげ入魂

18:20~/参道入口

なまはげに扮する若者達が、参道入口の石段にて神(しん)の入った面を授かり、身につけます。この儀式で若者達はなまはげと化し山へ戻って行きます。

なまはげ行事再現

なまはげ行事再現

18:35~/神楽殿

男鹿市内各地で大晦日に行われる民俗行事「なまはげ」を再現するもので、なまはげが家々を訪れ訓示を残し帰っていく様子が見られます。

なまはげ踊り

なまはげ踊り

18:55~/柴灯火前

昭和36年に秋田が生んだ現代舞踏家・故石井漠氏が振り付け、息子の作曲家石井歓氏が曲をつけた勇壮な踊りです。

なまはげ太鼓

なまはげ太鼓

19:05~/神楽殿

なまはげと和太鼓を組み合わせた新しい郷土芸能で「家内安全」「五穀豊穣」などを願い演奏されます。

なまはげ下山・献餅(けんぺい)

なまはげ下山・献餅(けんぺい)

19:25~/広場・参道

松明をかざしたなまはげが闇の中から現れ、雪山から降りてくるその勇壮かつ幻想的な姿は見る者を魅了します。そして観客のもとに降り立ち、境内を練り歩く、まつりのクライマックスです。続く「献餅(けんぺい)」は、神に献ずる護摩餅を神の使者なまはげに進ずる儀式です。神官の捧げる柴灯火で焼かれた大餅には神力が宿り、なまはげは容易に触れることができません。ようやく護摩餅を手にしたなまはげは、神の元へ帰って行きます。

里のなまはげ乱入

里のなまはげ乱入

20:00~/神楽殿・広場

市内各地区の特色あるなまはげが乱入します。

護摩餅配り・記念撮影会

護摩餅配り・記念撮影会

~20:30/神楽殿前

柴灯火で焼いた大餅を切り分けなまはげが皆さんにお配りします。この護摩餅(ごまもち)は、災難除去の御護符(おごふ)としてご利益があります。

関連イベント

北陽小学校児童によるなまはげ学習発表

2/10(初日)のみ 17:40~(神楽殿)

なまはげ館・男鹿真山伝承館 柴灯まつり特別共通入館料にて営業!!

一般 冬季通常料金1,080円→864円・小中高生 冬季通常料金756円→540円

●なまはげ館 営業時間/8:30~21:00(入館料 一般540円・小中高生270円)
●男鹿真山伝承館 開講時間/10(金) 15:00~17:30の30分ごと・11(土)12(日) 9:30~11:30・13:30~15:30の1時間毎および16:00~17:30の30分毎

駐車場・臨時有料バスご利用のお客様に、男鹿水族館GAO・なまはげ館・伝承館で使える割引クーポンを進呈!!
一般300円引き/小中高生150円引き(なまはげ館・伝承館は上記柴灯まつり特別料金からさらに割引)・2月いっぱい有効

会場見取り図

まつりは進行毎に、会場内にある神楽殿や参道など各所が舞台になります。立入禁止ゾーン以外は自由に移動・観覧できますので是非プログラムに合わせて会場内を移動して間近でナマハゲの迫力を体感してください。

立見観覧席はスペースに限りがあり、安全確保のため立入制限となる場合がありますので予めご了承ください。
なまはげ柴灯まつり会場見取り図

ご宿泊のご案内

男鹿市内温泉ホテル・旅館へのご宿泊は(一社)男鹿市観光協会 TEL0185-24-4700までお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ移動